ASEAN

21世紀アジア研究会とは
 21世紀アジア研究会は、東南アジア諸国や東南アジア諸国連合(ASEAN)とそれを取り巻く国際環境の研究・分析を目的に、2003年から活動を行っています。政治、経済、社会、国際関係など各分野にわたる十数名の研究者(メンバー紹介はこちら)が所属し、以下のような研究活動を行っています。
・科研費プロジェクトを中心とした研究活動の推進(科研費プロジェクトについてはこちら
・研究書の刊行を通した研究成果の公開と社会への発信(刊行本についてはこちら
・国内外の学会や研究グループとの研究交流とネットワーク作り(過去の実績についてはこちら
 

研究会・シンポジウムのお知らせ研究会・シンポジウムのお知らせ
(研究会への参加は研究会メンバー限定、シンポジウムは原則として一般公開)

 2022年2月定例研究会のお知らせ
 日時:2022年2月26日(土)15:00-17:00
 講師/演題:
 清水文枝氏(国際情勢研究所)
      「フィリピン大統領選挙の展望」
 伊藤 晋氏(新潟県立大学)
      「フィリピン大統選挙を前に—経済関連の概況」
 会場:ZOOMによるオンラインミーティング
 ●  2022年1月定例研究会のお知らせ
 日時:2022年1月29日(土)15:00-17:00
 講師:金子芳樹氏(獨協大学)
 演題:「岐路に立つマレーシア政治——ポスト「国民戦線(BN)体制」期の
     動向と展望」
 会場:ZOOMによるオンラインミーティング 
 ● 2021年12月定例研究会のお知らせ
 日時:2021年12月18日(土)15:00-17:00
 講師:鈴木早苗氏(東京大学)
 演題:「ASEANと広域地域連携——RCEPとAOIPの策定過程を通じた一高諾」
 会場:ZOOMによるオンラインミーティング 
2021年11月定例研究会のお知らせ
 日時:2021年11月13日(土)15:00-17:00
 講師:山田紀彦氏(日本貿易振興機構アジア経済研究所)
 演題:「ラオスの政治、経済、外交:現状と課題」
 会場:ZOOMによるオンラインミーティング 

行物のお知ら最新刊行物のお知らせ

「一帯一路」時代のASEAN-中国傾斜の中で分裂・分断に向かうのか
金子芳樹・山田満・吉野文雄編著
 

エッセイ/コラムエッセイ

民主主義アジェンダー波動と逆説 黒柳米司
ASEAN研究余滴 ⑤―ASEAN拡大と逸脱国家 黒柳米司
切手をめぐって―北朝鮮と竹島 吉野文雄

文献・資料紹介文献・資料紹介

書評論文:「COVID-19 の地政学」 黒柳米司
書評:The Politics of South China Sea Disputes 清水文枝
書評論文:「シャープ・パワー」論再考 黒柳米司

新着情報サイト最新更新情報

2020年11月11日
「aseanists.net」本番稼働致しました。
2020年7月06日
ベータ版アップ致しました。

刊行物